腫れの軽減

先ほどのチューメセント法はもちろんのこと、脂肪吸引には、さまざまな手術法があるのが現状です。 また、それぞれの手術法には、メリットもあればデメリットがある場合もありますので、カウンセリングの際に、しっかりと医師に確認するようにしましょう。

脂肪吸引の手術法では、手法によっても差はありますが、ダウンタイムと呼ばれる、術後の腫れの症状があります。 あくまでも脂肪吸引は手術となりますので、そういった心配や不安も付き物なのです。

ボディタイトよ呼ばれる手術法がありますが、ボディタイトによる手術では、ダウンタイムが比較的少ないとされています。

このボディタイトの手術法では、高周波の熱を当てて脂肪を溶かして吸引する方法が採用されています。 高周波の熱は、電気メスやがん細胞を治療する際にも利用されているもので、ラジオ波というものを使用します。 この熱を用いることで、脂肪が徐々に溶けていき、液体となった脂肪をカニューレという管を挿入し、脂肪を吸引していきます。

一般的なカニューレの挿入による脂肪吸引とは異なり、ボディタイトでは、あらかじめ脂肪を液状にしますので、脂肪の取り残しが少ないなどのメリットがあります。 また、高周波の熱を当てることで、皮膚を引き締めてくれるという効果も期待できます。

ボディタイトの手法を採用している美容整形クリニックは意外と少ないため、ダウンタイムの少ないボディタイトによる脂肪吸引を希望する場合には、インターネットでクリニックの情報を検索したり、カウンセリングで確認するなどの情報収集が必要となります。