標準の手法

脂肪吸引と一口に言っても、実はたくさんの手術の手法があります。 その中でも、最も王道とされている手法が、チューメセント法と呼ばれる手術法です。

チューメセントには、「ふやかす」という意味があります。出血を止める作用のある薬剤や、麻酔効果のある薬剤を混ぜたものがチューメセント液で、その液体を使って脂肪をふやかし、吸引する際の負担を減らす手法です。いわゆる、脂肪吸引の際の麻酔として、チューメセント液は利用されます。

チューメセント液は、脂肪の吸引時に脂肪をスムーズに吸引する働きもありますが、他にも、吸引時に血管が傷つくことを軽減してくれる働きもあります。 さらには、脂肪を吸引しやすくすることにって、施術時間の短縮を実現させ、脂肪吸引の際の体の負担も少なくしてくれます。

一般的な脂肪吸引の手術法では、基本的に手術後、腫れなどが続くダウンタイムと呼ばれる期間があります。

チューメセント法でも同様に、ダウンタイムがあるのが事実です。

また、その手法の特性により、脂肪の取り残しの可能性もあります。 チューメセント法による手術では、医師のスキルによって、手術結果の満足度が異なりますので、施術実績の多いクリニックに手術を任せたり、優良とされるクリニックを選定することが重要となるのです。

そういった点から、リスクの少ない手術を受けるためにも、事前の情報収集や、クリニックの比較・検討は欠かせないということになります。